Clayton, Dubilier & Rice、マックナーニ前ボーイング会長を上級顧問に – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

「保障の語源」についてラジオで話していたのだけど聞き損ねてしまったので、

ちょっと調べてみたらこんな記事があった。




Clayton, Dubilier & Rice、マックナーニ前ボーイング会長を上級顧問に
共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
ワシントンD.C.に本拠を置く戦略国際問題研究所(CSIS)の評議員だが、同研究所は世界の安全保障や繁栄を目指す超党派の非営利組織。米主要企業のCEOで組織するビジネス・ラウンドテーブル(BRT)の執行委員会元メンバーで、過去には議長を務めた。シカゴのフィールド …

and more »


記事引用元 : Clayton, Dubilier & Rice、マックナーニ前ボーイング会長を上級顧問に – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)


第355回(2016年3月19日)
BLOGOS
ここにも「党」の語源が垣間見えます。「徒党」の「徒」は「疎か」「粗略」というような意味。「徒党を … さらに、自由の保障、宗教への不介入、技術文学振興、人材教育、産業振興、病人と貧民の救済が文明国の6つの要諦と指摘。また、王族の婚姻や通商による国家間の関係構築、 …



記事引用元 : 第355回(2016年3月19日) – BLOGOS

「保障の語源」はちょっと難しいね。

また報告するね。

バイバイ