映画『殿、利息でござる!』 阿部サダヲと原作者が明かす撮影の裏側 – dot.

「たちじゅう」がネットで話題になっているんだよね。

ちょっと調べてみたらこんなニュースがあった。




dot.

映画『殿、利息でござる!』 阿部サダヲと原作者が明かす撮影の裏側
dot.
家で「まだ内緒だけど阿部サダヲさんが主演だぞ」と言ったら、家族じゅうで大喜び。阿部さんなら面白くて … 東北・仙台藩の貧しい宿場町の町人たちが、重い年貢から町を救うため、私財をなげうって大金を作り藩に貸し付けて利息を取ろうとしたなんて。しかも、自分たちの行った …

and more »


記事引用元 : 映画『殿、利息でござる!』 阿部サダヲと原作者が明かす撮影の裏側 – dot.


井上ひさし文楽、初の舞台化…国立文楽劇場で 2016年05月24日
読売新聞
金に執着する呉服屋の主人と子どもたちの恋の騒動を描いた喜劇で、フランスの劇作家モリエールの「守銭奴」のパロディーになっている。会話は主に口語体だが、冒頭は浄瑠璃特有の文体で書かれ、「 本朝廿四孝 ( ほんちょうにじゅうしこう ) 」や「 艶容女舞衣 ( はですがた …



記事引用元 : 井上ひさし文楽、初の舞台化…国立文楽劇場で 2016年05月24日 – 読売新聞

「たちじゅう」に興味が引かれてきた。

もっと調べて報告するね。

(^_^)/~