【書評】リストラで「らしさ」を失ったソニーの不幸描いた本 – NEWSポストセブン

「しんがり 由来」についてダチが話していたので興味を引いているんだ。

ちょっと調べてみたらこんな記事があった。




【書評】リストラで「らしさ」を失ったソニーの不幸描いた本
NEWSポストセブン
立命館大学経済学部卒業。元読売新聞社記者。2011年に読売巨人軍球団代表を解任され、フリーのジャーナリストに。『しんがり 山一證券 最後の12人』(講談社)で講談社ノンフィクション賞受賞。 【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター) ソニーがソニーでなくなって久しい。

and more »


記事引用元 : 【書評】リストラで「らしさ」を失ったソニーの不幸描いた本 – NEWSポストセブン


古舘キャスター「報ステ」最後のあいさつ全文…その2
スポーツ報知
でも、そういう中にあっても、しんがりを務めさせていただいたかな、というささやかな自負は持っております。 ただ、この後は通信と放送の両輪、二人羽織になっていくんでしょうか。厳しい中で、富川悠太アナが4月11日から引き継ぎます。大変だと思います。しかし彼には乱世の雄 …

and more »


記事引用元 : 古舘キャスター「報ステ」最後のあいさつ全文…その2 – スポーツ報知

「しんがり 由来」はおもしろいね。

また調査するね。

(@^^)/~~~